おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】

イメージ

おすすめ情報
お葬式

人が亡くなると、遺族にとっては哀しみに浸る間もないほど慌ただしくお葬式の準備が始まります。
まずは葬儀社に連絡するところから全ての幕が上がるので、この時にバタバタしないためにも事前にきちんと葬儀社を決めておく必要があるでしょう。
もしも故人が息を引き取った場所が病院や施設ならば、そのご遺体をご自宅、あるいは葬儀場などにお運びすることも必要となります。
多くのお葬式は仏教をはじめとする宗教やその宗派にのっとって執り行われますが、しかし最近増えているのはこれらの宗教の枠にとらわれない無宗教のお葬式です。
そしてあえて大勢の参列者を呼ぶことなく、家族をはじめとするごく親しい者だけが集まって故人を見送る家族葬と呼ばれるものを選択する人も急増しています。
家族葬においては特に決まった式次第というものはなく、親戚同士がテーブルを囲んで食事をしたり、故人の好きだった歌を歌ったりと、遺族の望むままに進行していくことができます。
そもそも冠婚葬祭というものはその身内は準備や気苦労に追われて全く心落ち着く暇がないもの。
最近のお葬式ではこの部分を見直し、「ゆったりとしたお別れ」に主眼をおくべきとの考え方が広がっており、家族葬の増加もこのような考え方の変化が背景にあるものと見られています。